最新号2017年12月号 11/10配信

越谷オサム&今村夏子の読み切り掲載

藤井太洋「東京の子」&堀埜浩二「このアニソンを聴け!」最終回

【今月の執筆陣】 赤川次郎/赤澤竜也/新井素子/井上純一/今村夏子/上田早夕里/遠藤彩見/越谷オサム/近藤史恵/今野敏/住野よる/小路幸也/でんすけのかいぬし/富樫倫太郎/仁木英之/藤井太洋/堀埜浩二

読み切り

引きこもりの弟が、どうやら恋をしているらしい!? 読めば必ず元気が出る、越谷式・新家族小説!――越谷オサム「弟のデート」
お人形のルルちゃんとわたしの出会いには、秘密があった。いま大注目の作家が描き出す、小さな誘拐劇――今村夏子「ルルちゃん」

最終回

表舞台に引きずり出された仮部の決断は――。未来を読み解く社会派小説、クライマックス!――藤井太洋「東京の子」
不思議な魅力は「曲先」だからこそ生まれた? キラッ!と一世を風靡したあの名曲を、作詞家・松本隆の文脈で読み解きます!――堀埜浩二「このアニソンを聴け!」

文芸カドカワとは?

かっこいい嘘(フィクション)
胸おどる真実(リアル)を読もう――
大人のエンタテインメント小説誌!

ミステリ、サスペンス、SF、ホラーetc.
――日常を離れ、物語の世界へ羽ばたく極上の小説連載、
今、いちばんイキのいい才能が続々登場する読み切り小説、
話題の映像作品コミカライズや気になる話題満載のエッセイなど、
ここでしか読めない作品が満載です。

今月のおすすめ

  • 読み切り

    「弟のデート」

    越谷オサム

    著者より

    自分で「弟のデート」というタイトルを付けておいてなんだが、過去、デートにいい思い出はあまりない。むしろ、思い出したくないことのほうが多いくらいだ。だがしかし、現実が不本意なものであるからこそ、せめてフィクションで取り返そうとの意欲も燃えるのではないだろうか。“小説は、魂のメシである”ならば、情けない記憶は創意のエナジードリンクである。筆者は過剰摂取気味だが。

    文カド編集部より

    越谷さんが創作の糧にするという“情けない記憶”、何かのヒントになりそうなときには思い出せず、ふとした瞬間に蘇ってくるので困ります。「弟のデート」を読んでいると、心なしかその頻度が高まるような……。でも、読み終えるころには、「あのときのあの失敗、可愛いものだったかも」と思いはじめてしまいます。さては越谷さん、エナジードリンクを摂取して、サプリメントを生み出していますね?

  • 最終回

    「東京の子」

    藤井太洋

    著者より

    「東京の子」は今号でついに完結しますが、ずっと現実に背中を押されながら書いていた気がします。国家戦略特区という舞台設定は加計学園のせいで生々しくなってしまい、与党は物語の大きなテーマである学資ローンを「大学教育の無償化」などと言い出してしまいました。
    安っぽい現実から、なんとか逃げ切って「面白い」と思っていただけるようにと、単行本に向けての改稿を進めているところです。お楽しみに!

    文カド編集部より

    物語の舞台は2023年、つまりたった6年後です。今わたしたちが生きている現実と地続きの世界で、未来について、自分自身について悩む登場人物たち。不安を抱え暴走する学生たちを前に、仮部たちはどのような答えを提示するのか。安い現実に呑み込まれない面白さと、それでもなお起きていることから目をそらさない強さを持った本連載、最後まで目が離せません!

  • 最終回

    「このアニソンを聴け!」

    堀埜浩二

    著者より

    「系譜学と楽典に基づくアニソン鑑賞論」という未開の分野に挑んできた本連載も、いよいよ最終回。ラストランのテーマはアニソン史上屈指の名曲、マクロスFの『星間飛行』です。作詞家=松本隆と作曲家=菅野よう子のたった一度っきりの共作が、ポップス史的にはどの位置に存在するのか? 入稿後に松本氏の紫綬褒章受賞の報せが届くなど、タイミングもバッチリというね。1年間のご愛読の締めくくり、長大な注釈も含めてじっくりとお楽しみください。

    文カド編集部より

    『木綿のハンカチーフ』『赤いスイートピー』など数多くのヒット曲を手掛けた松本隆と、アニメ・ゲームから大河ドラマまで幅広く活躍する菅野よう子。超時空シンデレラがスターの座を駆け上がれたのは、この二人がタッグを組んだ奇跡の名曲があったからこそ。この一年、堀埜さんには個性豊かなアニソンの数々の魅力を熱く、そしてわかりやすく解説していただきましたが、その集大成とも言うべき、大トリに相応しい一曲です!

  • 連載

    「バー極楽」

    遠藤彩見

    著者より

    話中に登場するメニューは、できるかぎり実際に作るようにしています。今回もモヒートのためにミントを育てたり、可愛めなポテトサラダを作ったり。登場人物がつくる“原価が安い”メニューが欲しいと、思いつきを試作して惨敗することも。慌ただしい日々が続いていて、ついつい粗食になりがちですが、「バー極楽」に食の楽しみを思い出させてもらっています。書いていると一杯やりたくなってしまうのが、悩ましいところです。

    文カド編集部より

    「バー極楽」の魅力の一つは、テイ子の作る料理やお酒にもあります。切っただけ、焼いただけ、というシンプルなものでも美味しそうに感じるのは、実際に遠藤さんが作っているからかもしれません。凝った料理も少しずつ出てきているようですので、照月の奮闘はもちろん、テイ子の新メニューにもご注目ください!

  • 読み切り

    「ルルちゃん」

    今村夏子

    お人形の「ルルちゃん」とわたしの出会いには、秘密があった。いま大注目の作家が描き出す、小さな誘拐劇。

  • 連載

    「テレビ探偵」

    小路幸也

    ベテラン美人女性歌手が楽屋で流した涙の理由とは? 人気コミックバンドの“ボーヤ”が芸能界の謎に迫る、人情ミステリ第二幕!

  • 連載

    「立川忍びよりよろずお悩み承ります

    仁木英之

    声を上げられずに“忍んで”いるすべての人へ。ハチャメチャ忍者一家、大暴れ!

  • 連載

    「リラと戦禍の風」

    上田早夕里

    虚体の使い方を習得したイェルクは戦時下のパリに赴く――。第一次世界大戦下の欧州を流転する歴史ロマン小説!

バックナンバー

webメフィスト
ミステリー専門誌 ジャーロ
yomyom
別冊文藝春秋