最新号2018年1月号 12/10配信

住野よるの最旬青春小説「青くて痛くて脆い」いよいよフィナーレ!

【今月の執筆陣】 赤川次郎/赤澤竜也/新井素子/井上純一/上田早夕里/遠藤彩見/近藤史恵/今野敏/住野よる/小路幸也/でんすけのかいぬし/富樫倫太郎/仁木英之

最終回

巻き戻せない時間を過ごし、数えきれない思いを抱えたまま、楓は――。最旬青春小説、いよいよフィナーレ!――住野よる「青くて痛くて脆い」

好評コミック

『中国嫁日記』の人気漫画家と嫁の月さんが身近なお金と経済のギモンをトコトン掘り下げる。今回のテーマは「増税」――井上純一「キミのお金はどこに消えるのか」

文芸カドカワとは?

かっこいい嘘(フィクション)
胸おどる真実(リアル)を読もう――
大人のエンタテインメント小説誌!

ミステリ、サスペンス、SF、ホラーetc.
――日常を離れ、物語の世界へ羽ばたく極上の小説連載、
今、いちばんイキのいい才能が続々登場する読み切り小説、
話題の映像作品コミカライズや気になる話題満載のエッセイなど、
ここでしか読めない作品が満載です。

今月のおすすめ

  • 最終回

    「青くて痛くて脆い」

    住野よる

    著者より

    ついに「青くて痛くて脆い」が最終回を迎えました。これまで読んでくださっていた全ての皆さんありがとうございます。まだだよーという皆さん是非単行本を読んでいただけたら幸いです。デビューしてから5冊分の物語を書いてきたのですが、こんなにも書き終わったことが嬉しかったものはありませんでした。よかったー! 終わったー! と先日思わず叫びました。担当さん達との青くて痛くて脆い一年間を詰め込んだ最高傑作、何卒よろしくお願いいたします。

    文カド編集部より

    思えばこの一年間の住野さんとの打ち合わせは、自分たちの痛い過去を振り返ったり、人と関わることの難しさを語ったり、登場人物が一番傷つく言葉を考えたりと、本当に青くて痛くて脆い時間でした。まっすぐで純粋で、だからこそ時に傷つけあってしまう。そんな誰もがいつか通り過ぎてきた日々を、そっと思い出していただければ幸いです。痛みを抱えたままもがく楓の姿を、最後までどうぞお楽しみください。

  • 連載

    「絶対猫から動かない」

    新井素子

    著者より

    このお話、凄くゆっくり、凄くじっくり描かせていただけてありがたいです。(なかなか進まなくてすみません。)ただ、十代二十代が主要登場人物のお話に較べて、五十代がメインなら、絶対こうだろうって、確信犯でやってます。持っている荷物が圧倒的に多いので、動き出すのに時間がかかる五十代。あと、五十代の乙女心は、書いてて楽しい。読んでくださっている方も、楽しんでいただけると嬉しいのですが。

    文カド編集部より

    毎回大いに楽しませていただいてます!まさか、あの人が呪術師(あるいは陰陽師)だったとは!この先、物語がどう転がっていくのかまったく予想はつきませんが、面白いことだけは間違いなしの新井素子ワールド大展開中です。未読の貴方、これからバックナンバーで一気読みできるとは羨ましい!

  • 連載

    「まぁちんぐ!」

    赤澤竜也

    著者より

    10月号より連載の始まった高校吹部が舞台の「まぁちんぐ!」。登場人物たちは、みなワガママなこともあり、縦横無尽に動いてくれております。ただ不安材料もありまして、あまりにも好き放題にやられたため、どんな着地点を迎えるのか予測不能となってまいりました。沙耶と西大寺の恋の行方は? ミタセンとカモティの角逐の結末はいかに? 孤立する渚ちゃんはどうなるの? もちろんわたしも知りません。不安と期待を胸に頑張ります!!

    文カド編集部より

    先日、赤澤さんと「全日本マーチングコンテスト」の取材に行ってきました。それぞれの地域から集まった25校によるマーチングの全国大会。そう、沙耶たち浅高吹部が目指すのがこの大会なのです。各校の華麗かつ自在な行進やフォーメーションを堪能し、演奏技術の想像以上のレベルの高さに驚嘆しました。浅高吹部は全国大会の舞台である大阪城ホールまで到達することができるのか……? 赤澤さんとともにわくわくしながら作品の行方を追おうと思います!

  • 連載

    「テレビ探偵」

    小路幸也

    著者より

    テレビ業界の原点ともいうべき時代の熱い空気と、スターが文字通りの〈スター〉だった時代。モデルにしているコミックバンドはもちろんあの方々なのですが、その他にも60年代から70年代にテレビの世界で活躍された色んなスターたちをモチーフに使わせていただいてます。遠く過ぎ去った、でも今も変わらずそこにある、若い夢や憧れや挫折や苦悩や喜びの日々を描いていけたらなぁと思っています。

    文カド編集部より

    みなさんの頭の中にもいる、あの人やこの人が登場する「テレビ探偵」。人間くさい人物たちと一緒に笑って泣いてと楽しんでいただきたいのですが、主人公・チャコの口から語られる業界の常識も見所です。経費は手渡し、密会は老舗小料理屋の奥座敷、なにかあったら急いで公衆電話へ!ケータイひとつでなんでもできる現在より、当時を魅力的に思うのはないものねだりでしょうか?

  • 連載

    「みかんとひよどり狩猟レストランにようこそ

    近藤史恵

    経営が好転し始めた矢先、店に一人の男が現れ――。崖っぷちシェフが自分の才能と向き合う奮闘記。

  • 連載

    「リラと戦禍の風」

    上田早夕里

    イェルクは戦時下のパリで魔物と出会い、リラの秘密を知る。第一次世界大戦下の欧州を流転する歴史ロマン小説!

  • 連載

    「ヤメろと言われても!II」

    今野敏

    作家・今野敏が愛してやまないガレージキット。執筆の合間を縫い、今日も模型作りに邁進する。

  • 連載

    「キミのお金はどこに消えるのか」

    井上純一

    『中国嫁日記』の人気漫画家と嫁の月さんが、身近なお金と経済のギモンをトコトン掘り下げる。今回のテーマは「増税」!

バックナンバー

webメフィスト
ミステリー専門誌 ジャーロ
yomyom
別冊文藝春秋