最新号2019年2月号 1/10配信

米澤穂信の戦国推理譚「雪夜灯籠」前篇を掲載!

【今月の執筆陣】新井素子/いとうせいこう×みうらじゅん/井上純一/乾 ルカ/今野 敏/須賀しのぶ/大門剛明/竹本健治/でんすけのかいぬし/深緑野分/藤井太洋/三羽省吾/米澤穂信/夢枕 獏

集中掲載

城内に幽閉されていた人質が何者かに殺された?! 青春ミステリの旗手が初めて挑む、戦国推理譚!――米澤穂信「雪夜灯籠」(前篇)

新連載

日本中が震撼した一家惨殺事件の犯人は別にいる。えん罪に取り組む若手弁護士チームが真相に迫る!――大門剛明「無実の罪」

好評コミック&エッセイ

いとうせいこう×みうらじゅん/井上純一/今野 敏


文芸カドカワとは?

かっこいい嘘(フィクション)
胸おどる真実(リアル)を読もう――
大人のエンタテインメント小説誌!

ミステリ、サスペンス、SF、ホラーetc.
――日常を離れ、物語の世界へ羽ばたく極上の小説連載、
今、いちばんイキのいい才能が続々登場する読み切り小説、
話題の映像作品コミカライズや気になる話題満載のエッセイなど、
ここでしか読めない作品が満載です。

今月のおすすめ

  • 雪夜灯籠 前篇 特別掲載

     雪夜灯籠 前篇

    米澤穂信

    著者より

    ミステリには、ふつうとは異なる価値観を持って来て、一見狂気的でさえあるけれど当事者のあいだでは理に適っているという、いわば異形の論理を動機に据える手法があります。そして私は、いま、ここにあるものとは別の価値観が好きです(より正確には、そうした価値観が存在すると感じることが好きなのです)。今回、天正年間、有岡城という場所であり得ただろう価値観をミステリにしてみたいと考えました。お楽しみ頂ければ幸いです。

    文カド編集部より

    皆さまお待たせしました。米澤穂信さんの完全新作です!戦国時代、天下を統一せんと覇道を邁進する織田信長に楯突いた荒木村重が立て籠もった有岡城内で起きる、不可解な殺人事件。しかも状況は雪の密室。これだけでも皆さんにワクワクしていただけると確信しておりますが、実は本作には、更なる魅力もあるのです。村重の謎解きを手伝うのは、どうやら“あの人物”のようなのです。詳しくは本編にてご確認ください!!


  • 無実の罪 新連載

     無実の罪

    大門剛明

    著者より

    死刑囚からの無実の訴えに主人公たちはどう向かうのか? というえん罪ミステリーです。
    イノセンス・プロジェクトという民間の取組みが世界で広がっています。無報酬でえん罪被害者を救済するというものです。弁護士や心理学者、学生など異なる立場の主人公たちが、正義という目的のために一つのチームとなり、理想と現実の中で壁にぶつかりつつもそれを乗り越えながら、えん罪問題に挑んでいく姿を熱く描いていきたいです。

    文カド編集部より

    累計13万部突破の『雪冤』の気鋭が放つ、緊迫の社会派ミステリが連載開始です。
    デビュー以降、多くの作品で司法制度を扱ってきた著者が選んだ今作のテーマは“えん罪救済活動”。“えん罪を晴らす”という正義を実現するために奮闘する弁護士たちが直面する葛藤と苦悩とは――司法制度の問題にも切り込みながら、死刑判決の出た事件の真相を追い求めるリーガル・ミステリをお楽しみください。


  • 共犯者 連載中

     共犯者

    三羽省吾

    著者より

    二十代の頃、仕事で頻繁に北陸地方へ通っていました。贅沢は出来なかったものの、安価な定食でも魚介類がとにかく美味かったことをよく覚えています。後年、食に限らず方言や年中行事など、地域性というものに興味を持つようになったきっかけだったのかもしれません。さて、物語も中盤。東京の片隅で「富山のブリ大根、喰いてぇ」と身悶えながら書いております……。

    文カド編集部より

    三羽さんが書く、土地の性格を体現する食べ物も魅力的ですが、それを食べる人間にも注目してみてください。山盛りのナポリタンを音を立てて掻きこむ記者は、腕はよくてもどこか評判が悪そう。食べ物のことは適当でもお酒の飲み方に滅法うるさい刑事は、捜査になるとしつこそうです。個性的な人物たちが絡み合う取材の行方は? タフな事件ですが、ぜひお付き合いください。


  • 狐火の辻 連載中

     狐火の辻

    竹本健治

    著者より

    いくつかの交通事故。つけまわし男の徘徊。タクシー怪談。ホラースポット巡りの若者たち。この由緒ある温泉町で何かおかしなことが起こっている――。というわけで、このあまりにもとりとめない謎を調べようと、楢津木刑事を中心に居酒屋探偵団が結成され、囲碁棋士の牧場智久もその一員に引きこまれた。だが、彼はこれから忙しい時期にはいるという。さて、探偵団は首尾よく謎を解き明かすことができるかどうか。乞うご期待。

    文カド編集部より

    謎めく湯河原を舞台にした怪奇&ミステリも中盤に差し掛かり、竹本さんのファンにはお待ちかねの天才棋士・牧場智久くん(話題作『涙香迷宮』でも大活躍)が、ついに登場する……のでしょうか? 度重なる怪事件の数々に、いやがうえにも期待が膨らみます。ちなみに竹本さんと湯河原を取材した際に、タクシーに乗って山奥にどんどん入ってゆく我々をタクシー会社が不審に思ったらしく、注意喚起を促す無線が入りました。危うく新たな湯河原怪談を作るところでした。


  • 第二開国 連載中

     第二開国

    藤井太洋

    大型クルーズ船内での入札説明会にとまどう昇は、見覚えのある日本人に話しかけられる。リゾート施設の建設が国家を揺るがすポリティカル・フィクション!

  • 明日の僕に吹く風は 連載中

     明日の僕に吹く風は

    乾 ルカ

    水産実習のアイディアが採用され、自信を深める有人。ある日、照羽尻高校に新聞取材が入り――。

  • 荒城に白百合ありて 連載中

     荒城に白百合ありて

    須賀しのぶ

    薩摩藩士・伊織との予期せぬ出会いは鏡子の心に変化をもたらす。幕末を舞台に描く大河ロマンス!

  • 蠱毒の城 連載中

     蠱毒の城

    夢枕 獏

    神女像の前で、真成は鼠公に会う。これからここで何が起こるのか……。
    遣唐使・井真成が、生死を賭けた試練に挑む!

バックナンバー